私の簡単ダイエット・肥満対策

私はダイエットをしようと思いこの健康法を思いつきました。そして成果の出た今でもこの健康方法を続けています。
その方法とは6時間の間隔で朝、昼、晩と一日3食の食事をとることです。例えば朝8時に朝食をとったなら次に昼食を取るのはお昼2時そして夕食は8時と言った具合に必ず6時間は空けます。そして何よりも夜10時以降は食べ物を口にしないのです。(本当は夜9時以降がベストです)そうはいってもなかなか仕事などでそんな時間どおりに食べれないときに、私はコーンフレークを小分けに袋詰めして小腹が空いたらそれで補うようにしています。もちろん食べ過ぎは注意です。そして昔からよく言われることですが、咀嚼回数を出来る限り意識して増やすことです。
噛むことによってゆっくり食べることができ満腹中枢が刺激され食べ過ぎを抑えることができます!どうしてもついつい食べ過ぎてしまうというときは、1回の食事の間に5分~10分休憩を1回ないし2回と1食を2回から3回に分けるつもりで食べるのも1つの手です。そして私がよくやるのは夕食後にホットココアの濃いめを一杯ゆっくりと飲むことです。
ココアはコレステロール対策にもいいらしいですね。善玉コレステロールが少ない私には体にいいのみものです。
善玉コレステロールを増やす食品・食事を参考に脂質異常症対策を始めました。

昼食後はコーヒーですが、夜はカフェインの取りすぎを抑える為にココアというのも理由なのですが、もう一つの理由としてはゆっくりとココアを飲むことで、少しの糖分をゆっくりとることができ少しの量の夕食でも満足感を得ることができるのです。そして寝る1時間から30分前にはホットミルクをゆっくりと飲んで寝ます。ホットミルクを飲むことによって心と体が落ち着いてしっかりとした睡眠で熟睡することができ次の日も元気いっぱい働くことができます!
当たり前のことですが私の健康法は適度で栄養バランスの取れた食事としっかりとした睡眠につきます。この食事と睡眠をいかに規則正しくとっていくかどうかにつきます。そのためにも私はメモ帳にメモ程度殴り書きでいいのでその日の体の調子例えば肩が痛い、目が疲れた、熱がある、喉がイガイガする食事がとれているか?睡眠は取れているのか?などメモをとっていきます!そしてちょっと睡眠不足かなと思ったらお昼寝15分をしたり、ビタミンが取れてない足りてないなと思ったらトマトや野菜を食べて補給したりと意識的に自分の体が何が足りないのか?何を取りすぎているのか?というのに耳を傾けてそして行動していくのが私の健康法です。